前へ
次へ

日本の英語教育問題を考えよう

日本では昔から学校で英語の勉強をしていますが、英語が話せる人はかなり少ないです。
学校を卒業すれば忘れてしまう人も多いです。
英語教育問題を真剣に考えないといけないでしょう。
今では小学校から英語の授業を行っていたり、会話を重視した授業にするなどしています。
確かに、若いころから英会話を勉強すれば話せるようになる可能性が高くなります。
まだまだ日本では英語を使う機会が少ないので、学校で学んでもそれを生かせないと忘れてしまうかもしれません。
今後は国際化が進むでしょうから、英語を使う機会は増えますが、それがどこまで生かせるのかが問題です。
英語教育問題も考える必要がありますが、英語に力を入れすぎて日本語教育がおろそかにならないようにすることも必要です。
いろいろな日本語を身につけ、様々な表現ができるようにならないと上手く自分を表現できなくなります。
日本語と英語教育のバランスも考えて学校や塾などでこれらを学ぶことが重要です。

Page Top