前へ
次へ

教育現場の矛盾、その教育問題とは

日本の教育制度は、同じ年齢の子供達を集め、一つの教室で一緒に学ばせる学年制度による教育方法です。
この教育方法は、当たり前だと思われるかもしれませんが、教育問題として存在するはずです。
なぜならば、教える学科によって得意や不得意などがあり、得意な分野においても、その学年で用意されている学問以上の学業を受ける事ができません。
子供の能力の中には、独自で学んでいる内容において、大人が驚く様な才能を発揮している子供もいるでしょう。
多くの子供は、潜在的に能力がある可能性があるにも関わらず、教育制度が子供の能力開花に弊害を与えている可能性も考えられます。
この教育問題の改善は、年齢で制限するのでは無く、大学の様に単位制による内容が望ましいのではないでしょうか。
教育問題の改善方法においては、必須単位と選択単位を設ければ、社会に必要な最低限の基礎知識と、独自で学びたい内容を更に磨きをあげられる場合もあるでしょう。
ただし、この改革には、社会である一定の評価が必要であり、多くの国民が教育問題に対して関心を向ける必要性があります。

Page Top