前へ
次へ

教育問題で解決できる生きる道

人の生き方にはそれぞれの選択肢がありますが、個人個人の生き方を理想とするのは生活の質の高さによって表されています。
そのために価値観の高い人であれば学力をつけていい大学に入り、いい会社に就職することも一つのステータスとしてあります。
今の時代ではこれらのステータスが変わってきている現状があり、学校教育においての考え方も変わらざるをえません。
教育問題としてあるのは多様性のある考え方を、もっと大きく推進していくことがあります。
選択肢を一つだけに絞るのではなく良い大学へ行かなくとも、自分の生きる道というのは多方面に広がっていることを理解させることです。
その理解することによって個人個人の価値観が高まり、色々な考え方において劣等感を持つことなく自分の幸せだけに邁進することができます。
教育問題はこれらのことを子どもたちに伝えることになるのですが、どうしても学力優先という考え方に縛られてしまうとうまくいかないこともあります。

Page Top