前へ
次へ

人を育てる教育問題には考えるべき点もある

一人の人間を育てるために必要な教育問題というものがかなり注目されている現代ですが、この問題に関しては何も日本だけではなく、世界的にもまだ明確な答えが出ていないというのが状態です。
ただし、日本の場合には様々問題が目についてしまいます。
たとえば、最近特に話題になりやすい教育者によるパラハラ問題やスキャンダルなど、誰が見ても教育者として失格だと思えるような人たちが教師として教壇に立っているという事実です。
子どもたちや日本の将来のことを考えれば、こうした教員の採用問題も解決しなければならない重要な課題でしょう。
しかし、当然のことながら教育問題はこうした教師だけの問題ではありません。
子どもたちを国や学校、教師に任せっきりにしている親たちにも問題はあります。
理想を言えば、教師以外にも親や兄弟、地域、そして国民一人一人が、教育とはいったいどうあるべきかという点を真剣に考える必要があるのではないでしょうか。

Page Top