前へ
次へ

教育問題と少子化等の課題

日本は高齢化と同時に少子化が進行していますが、子供達が将来的に立派な大人になる為に教育の充実が求められています。
しかし教育問題として様々な問題が山積しています。
少子化が進むと言う事は、将来的に国を支える労働者の人口が自然と減っていく事を意味しており、高齢化が進行して社会保障費が年々増大していく状況とのアンバランスが際立っています。
教育は子供達が将来的に稼ぐ収入にも影響してきますが、高校や大学に進学するのが普通になってきた現代では、教育に掛かる費用が増大しており、親御さんの負担も増えています。
問題の一つとしては、親御さんの貧富の差で子供が受けられる教育のレベルが変わってしまい、貧しい家庭の子供は貧しい状態が連鎖的に続いてしまうリスクがあるのです。
教育問題には、学校の教師の方々の労働環境にも影響してきており、働き方改革等で様々な産業で労働環境が改善されている中で、部活動等を教師の方々がサービスとして行わなければならない状況が、未だに解決されない状況が続いています。

Page Top